Dine(ダイン)ってどんなアプリ?運営会社を調査してみた結果

 

今回は、マッチングアプリ「Dine(ダイン)」というサービスについて、運営会社の情報「どんなサービスなの?」ということを分かりやすく解説していきます。

Dineでの出会いに興味があるけど利用しても大丈夫か不安な方は、ぜひ本記事を参考にして、自身に合うサービスかを判断してみてください。

 

Dine(ダイン)ってどんなアプリ?

Dine(ダイン)というマッチングアプリ。まだ聞いたことがなく、不安だという方も多いのではないでしょうか?

Dineを一言で表すなら「デート直結型のマッチングサービス」が特徴のアプリです。

具体的なサービス内容についても触れておきたいと思います。

 

メッセージ交換の面倒さを省略

 

「人の本当の魅力は会ってみないとわからない」

引用: 株式会社Mrk&Co|WANTEDLY

 

という考えを根本に新しいマッチング方式を採用しているのがDineの特徴です。

具体的には、マッチング後に通常行われるメッセージ交換を省略。はじめからデートで直接会うのが最初のコンタクトとなっています。

最初にメッセージするのは直接会う場所や日程を調整するためだけに行うだけで、仲を深めるのはあくまでデートでというのが基本的な使い方です。

レストランデートにコミット

Dineに登録するとはじめにデートできる日程と行きたいお店を提示します。

マッチング後のデート日程の調整では、アプリに登録された情報をもとにお互いの良い日程を調整するサポートをしてもらうことができ、レストランの予約までDineアプリ内で完結できるという大きな特徴があります。

レストランの予約機能とマッチングアプリが合体したイメージだと分かりやすいでしょう。

 

アメリカ・カナダ・日本で提供中

Dine公式WEBサイトに進むと、外国人カップルのイメージ画像が大きく表示されるため、日本の方は「本当に大丈夫?」と思われる方も多いことでしょう。

ですが、そこは安心してOK。

Dine(ダイン)は現在、アメリカ・カナダ・日本の3か国でサービスが提供されているサービスで、言語も英語・日本語に対応しているアプリであるため、日本語しか分からないという方でも問題なく利用することが可能です。

また、後述する運営会社についても、日本国内に本社を構える企業となっています。

 

Dine(ダイン)の運営会社は?

Dineの運営会社は「株式会社Mrk&Co(マーク アンド シーオー)」という企業で、本社は東京都渋谷区にある会社です。

企業の公式ホームページではこのように自社を紹介しています。

 

プロダクトを通して、仲間(Co)とともに、この大きな世界に引っ掻き傷(Mark)を残す。それが私たちの目標です。

引用: 株式会社Mrk&Co|WANTEDLY

 

会社名株式会社Mrk&Co
設立2015年7月17日
共同創業者兼CEO上條 景介
共同創業者兼CTO森岡 崇
本社東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル5F
日本オフィス東京都渋谷区東2-25-3 Wave渋谷 4F

 

いわゆるベンチャーと呼ばれる部類の会社かと思われますが、きちんと国内で企画・開発されたサービスであることは間違いありません。

アメリカ・カナダと海外に進出をしており、海外で人気の「Tinder(ティンダー)」に並ぶマッチングサービスを目指しているようです。

 

まとめ|Dine(ダイン)は安心して使えるアプリなのか?

今回は、マッチングアプリ「Dine(ダイン)」のざっくりしたサービス内容と、運営会社について解説していきました。

最後に内容をまとめると以下の通りです。

 

まとめ

  • Dineはデート直結型のマッチングサービス
  • メッセージ交換の面倒さを省略
  • レストランデートにコミットする充実したサービス
  • アメリカ・カナダでも提供するサービス
  • 運営会社は東京都の企業「株式会社Mrk&Co」で安心してOK

 

Dineというサービスの何たるかはざっくりお分かり頂けたかと思います。

上記の通り、Dineは日本企業が海外にも展開するマッチングサービスであり、安心して利用して問題はないというのが結論となります。

デート直結型という新しい出会い方を提案するマッチングサービスですので、気になった方はアプリをダウンロードするところから始めみてください。