ゼクシィ縁結びのメッセージ攻略ガイド!デートに繋げるやり取りとは?

 

今回は、ゼクシィ縁結びのメッセージ攻略ガイドと題して、お相手とデートの約束を取り付けるためのメッセージについて解説していきます。

 

「ゼクシィ縁結びでお相手とメッセージがうまく続かない」

「デートに誘っても理由をつけて断られてしまう」

 

そんな悩みを解決するための内容となっています。

ゼクシィ縁結びでの婚活を成功させたいという方は、本記事を参考に自分のメッセージを見直してみてください。

 

マッチング後はじめてのメッセージ

まずはマッチング後初めてのメッセージについて解説します。

最初が肝心とはよくいったもので、ゼクシィ縁結びのメッセージ交換についても、出だしが重要です。

お相手に誠実で優しい印象を与えるメッセージを学んでいきます。

 

マッチングしたらその日のうちにメッセージ

マッチングができたら、できる限りその日のうちに最初の挨拶メッセージを送るように心がけましょう。

いいねを送った瞬間が最もその人に対しての感情が高まっています。

翌日になって徐々に熱が冷めていき、返信するのが面倒になっていくのが本音です。

ただし、会社員のお相手が圧倒的に多いため、平日の日中に返すのは考えもの。

「この人仕事してるのかなあ?」と疑われる可能性もあるため、夜就寝前の時間帯21~24時あたりがベターです。

 

なぜいいねしたのかの理由を添えて

なぜいいねを送ったのかの理由を添えてあげると効果的。

例文

「価値観に共感してとてもいいな!と思いました」

「趣味が同じであなたとぜひお話してみたいと思いました!」

など、お相手のプロフィールを熟読し、どんなところに惹かれたのかをアピールしましょう。

 

返事をくれたら「ありがとう」を忘れずに

特に女性に関しては、多くの男性からアプローチを受けている場合があります。

そのような人気会員の女性は無数の男性アプローチの中からあなたを選びメッセージを返信してきてくれました。

そう考えるとメッセージの返信をくれたことでも感謝の気持ちを持つべきで、それを「ありがとう」の言葉を添えて返すことで、より誠実な印象を与えることができます。

 

メッセージ交換で仲を深める

最初のメッセージに返信してくれたら、いよいよメッセージ交換で仲を深める段階に入ります。

ここから解説する点に気を付けてお相手との仲を育んでいきましょう。

 

お互いの趣味や価値観から展開

お相手のプロフィールを熟読して知りえた趣味や価値観などを情報をたよりにメッセージを展開していきます。

お互いの趣味で共通点があれば、そこから話を広げていきましょう。

いきなりその人の恋愛観について聞いたりするのは、女性としては不安感を覚える可能性もあります。

まずは好きな食べ物や趣味などから探っていくのがよいでしょう。

 

100%共感の気持ちで

男女お互いが気を付けることですが、100%共感することが重要です。

男性は特に、自分のことばかりを話してしまいがち。

女性に楽しいと感じてもらうことが何よりも大切です。お相手のメッセージに対して反論したり、正したりするのはもっと後の話。

まずは、お相手の話に共感し、称賛することを心がけましょう。

 

メッセージは長すぎないこと

メッセージは長すぎないことが重要。

短すぎるのはもちろん良くありませんが長文過ぎるのもNG。

お相手への気持ちが高ぶってしまうあまり、全部を伝えようと長文になってしまいがちですが、そこは自重して文字数をセーブしましょう。

お相手のメッセージ分量に合わせるのが無難ですが、一つのメッセージに一つのクエスチョンに留めることを意識すると適切な分量になります。

 

メッセージの返信がない時の対処法

メッセージの返信が急にぱったり止まってしまうことは誰しも経験があることでしょう。

メッセージが返ってこない一般的な理由は以下の通り。

メッセージが返ってこない原因

・忙しくて返せない
・体調が悪く返せない
・返信が面倒くさい
・既に嫌われてた

こうした場面でも、お相手の気持ちに寄り添うメッセージを心がけることが誠実さ・優しさをアピールすることに繋がります。

「体調大丈夫ですか?心配になってメッセージしました。」

「お仕事お忙しいかもしれませんね!暇な時でかまいませんのでお返事待ってます」

既に嫌われている可能性もありますが、最後に上記のようなメッセージを添えてお相手に刺さるかどうかも含めて送るのもよいでしょう。

 

仲が深まったらデートのお誘い

ある程度、お相手とのメッセージ交換が続いた場合、ついにデートのお誘いに移っていきます。

次の点に気を付けながら、お相手を誘ってみましょう。

 

まずはランチデートを提案

当たり前ですが、まずはランチデートを提案するのがベスト。

女性の場合いきなりディナーを誘われるのは、警戒してしまう傾向にあります。

朝活と呼ばれる早朝から会うなんてカップルもいるようですが、定番はランチです。

事前にお相手の好みの料理やよく行く場所を聞いておき、おすすめのお店を紹介するのように持っていきましょう。

 

デートお誘いのタイミングは早すぎ・遅すぎNG

デートに誘うタイミングというのは、メッセージの長さと似ていて、早すぎ・遅すぎがNGです。

メッセージ交換すぐに「会おう」と言うのは、唐突すぎます。

場合によってはその時点でブロックされる可能性もありますので、すぐ会うことを迫るのは絶対にやめましょう。

ただし、タイミングが遅すぎるのもいけません。

さんざん趣味の話で盛り上がっておきながら、デートに一向に誘ってこないと、お相手は「本当に自分に興味あるの?」と思われ、冷めてしまいますし、逆にお相手に失礼な行為と言えます。

メッセージ交換がうまくいっているなら、概ね1週間から10日前後でお誘いするのがベストです。

 

LINE交換は会ってからが無難

LINE交換を提案するのはお相手によりますが、実際に会ってから交換するというのが最も自然な流れです。

メッセージ自体はゼクシィ縁結び内でできますし、まだ会ったこともない人とLINE交換するということに違和感を感じる人もいます。

どうしてもテレビ電話や電話デートをしたいというお互いの同意があれば別ですが、一般的には直接会ってお話し、お互いにもっと会いたいとなってから交換するのがよいでしょう。

 

最後に|初回デートについて

ここまで、デートに繋げるためのメッセージ攻略について解説していきました。

最後に、デート当日におけるアドバイスを一点だけお伝えしておきます。

初回デートに関してはランチがベターであることはお伝えしましたが、ランチの後は基本、解散しておくのが無難です。

人間の心理として、会う長さが長い人よりも会う頻度・回数が多い人のほうが、より好感を持ちやすくなるといわれています。

そうした心理を考えると、ランチの1~2時間が終わったら、そこで解散するのが望ましいといえます。

一番盛り上がった状態でお別れすることで次もまた会いたいと思わせることができます。

今回ご紹介した内容を参考にして、ゼクシィ縁結びでの婚活がうまくいくようにメッセージ交換をやってみて頂ければと思います。